カードローンの在籍確認は派遣ではどうなるんでしょうか?

消費者金融カードローンを利用しようと思ったときに、正社員と派遣社員では状況は少し違ってきます。

まず、基本的にことですが、申込みの際に、勤務先の情報を記入しますが、派遣社員の場合は登録・契約している派遣会社の会社名・住所・電話番号を明記します。

そうすると、当然在籍確認の電話連絡は、記入した派遣会社にかかってきます。

派遣会社に申込みした方が不在でも、代わりに派遣会社スタッフが対応することで、在籍確認の審査には通ったことになります。その場合、消費者記入を名乗ることはなく、担当者の個人名でかかってきますので不安になることはありません。

ですが、中にはこんな方もいらっしゃいます。

派遣会社にはほとんど顔を出さないということや、毎日通勤して電話を取っているのは派遣先ということで、申込みの際に派遣先の情報を記入する方もいます。

もしかしたら、派遣先が企業として大きかったりするので審査に通りやすいと考えたのも理由のひとつかもしれませんが、とにかく契約して所属しているのはあくまでも派遣会社なので、もし派遣先に在籍確認の審査がいって、虚偽の報告がバレてしまった場合、もう一度申し込んでも審査が厳しくなる可能性が出てきます。

審査には証明書類を出す必要もあるので、そこで正しい情報かそうでないかを判断されます。派遣だとしても審査には十分通る可能性はありますので、虚偽の報告をして、次回の審査が厳しくなってしまうのは損ですので正しく伝えましょう。

普段派遣先に通勤しているので、派遣会社に自分宛に電話がかかってしまうことは滅多にないから、たとえ個人名でかかってきても、何か変に思われるのではと不安に感じる方は、あらかじめ派遣会社のスタッフに「クレジットカード会社からの電話がある」ということを伝えておくのも良い方法ではないでしょうか。

社会人としては、クレジットカードを1枚2枚と持っているのは普通の事ですから。

サブコンテンツ

このページの先頭へ